カヤネズミ

2008.01.11

えほんの丘のカヤネズミ

『ねずみの絵本展』に合わせて、えほんの丘のねずみを紹介します。
カヤネズミは、草を細くさいて上手に編んで、丸い巣をつくります。
高さは70センチ〜80㎝くらいの場所が多く、ススキをよく使っています。
えほんの丘のくさっぱら広場では、毎年カヤネズミの営巣を確認しています。
このときは、巣に戻ってきたカヤネズミを撮影することが出来ました。
しっぽをくさに絡ませながら移動する姿が、とてもかわいらしいです。
この映像は、初夏に撮影した映像です。ウグイス、ヒヨドリ、ホトトギス、シジュウカラなどの声が聞こえます。
夏から秋にかけて、くさっぱら広場でカヤネズミの巣を探してみましょう。

Posted in えほんの丘フィールド情報, 動画, 展覧会情報, 草原 | No Comments »

新年のえほんの丘

2008.01.05

冬のいわむらかずお絵本の丘美術館冬になると、桑の葉が落ちて、那珂川の水面がよく見えるようになります。センダンの実は、霜があたると緑から白っぽい色に変わります。桑の倒木に生えていた、エノキタケと思われるキノコ

えほんの丘は、おだやかなお正月を迎えました。
今日も朝から風もほとんどなく日ざしがあたたかいです。
美術館周辺の草原を歩くと、イノシシが掘ったと思われる
ちいさな穴や、モグラ塚が目につきます。

くさっぱら広場の西にある展望台に立ち、
南の方を見ると、那珂川の水面が見えます。
夏の間は桑畑の桑の葉が茂っていてほとんど見えません。
遠くには、うっすらと筑波山も見えます。

くさっぱら広場には、何本かのセンダンの木があります。
最近、実が、霜にあたって緑から白っぽい色に変わりました。
いまのところ、センダンの実はたくさん残っています。
昨秋は木の実が豊作だったようで、くさっぱら広場には、
ガマズミやピラカンサの実も、まだたくさん残っています。
それらの実を食べつくしたあとに、何も食べるものが無くなると、
ヒヨドリなどがセンダンの実を食べにやってきます。
きっとあまり美味しくないのでしょう。

桑畑の中を歩いていると、桑の倒木にキノコが生えていました。
見たところ、『エノキタケ』のように見えます。
私はまだ、自然に生えている『エノキタケ』を食べたことがありません。
このキノコ、食べられるかどうか、チェックしてみたいところです。

Posted in えほんの丘フィールド情報, 草原 | No Comments »