アカボシゴマダラの調査・ボランティアを募集します

2019.08.03

2019年8月3日(土)アカボシゴマダラの夏型を今年はじめて確認しました。
これから2週間程度の間に、成虫の羽化が続く可能性が高いと予想されます。

昨年は、夏型のアカボシゴマダラを14頭捕獲しました。
今年も昨年にひきつづき調査を実施します。

アカボシゴマダラの調査について、ボランティアを募集します。
・本日8月3日(土)から2週間程度の期間、いわむらかずお絵本の丘美術館周辺で、アカボシゴマダラをみつけて撮影、捕獲・標本作成する。
・参加日時等は、いつでもOKとします。

昨年の調査では、アカボシゴマダラを目撃・捕獲した時間帯は午前8時から午前11時くらいまでの時間帯に集中していました。
朝、羽化してから羽を伸ばし、飛べるようになり、花や樹液を訪れることが可能になるのが午前中のこの時間帯なのではないかと思われます。
その後は、遠くへ飛び去るようで、午後から夕方にかけての目撃等はほとんどありませんでした。

問い合わせ、お申し込みは、いわむらかずお絵本の丘美術館(TEL:0287-92-5514:学芸員・岩村康一朗)まで。

Posted in えほんの丘フィールド情報 | アカボシゴマダラの調査・ボランティアを募集します はコメントを受け付けていません。

巣箱の入り口がかじられています

2019.07.19

今年の春、2019年3月31日にヒノキの木に取り付けたムササビ用の巣箱。
取り付けたときは『ひし形』だった巣箱の入り口が、だいぶまるくなってきました。
ムササビさんがかじって、自分の使いやすい形にリフォームしているようです。

もう、入居しているのでしょうか?


取り付けたときの巣箱。


2019年7月19日の巣箱。
巣箱の入り口が、だいぶかじられています。

Posted in えほんの丘フィールド情報 | No Comments »