えほんの丘『昆虫観察会』参加者募集しています♫

2017.07.01

夏のえほんの丘は、昆虫たちが活発に動いています。
草原から雑木林まで、あちこち歩いて夏の昆虫たちを探してみましょう。
どんな生きものに出会えるでしょうか?

おめあての生きものがいる方は、こっそり学芸員に聞いてみましょう。
いろいろヒントがもらえるかもしれませんよ!

  • 期日:2017年7月9日(日)
  • 時間:午前7時〜9時
  • 定員:10名
  • 参加費(友の会会員):大人・中学生:2,000円、小学生・幼児:1,000円
  • 参加費(一般):大人・中学生:4,000円、小学生・幼児:2,000円
  • 朝食付き:たまごかけごはん(万微農園の新鮮なたまごです。おいしいです。)+α
  • 用意するもの:雑木林で観察できる服装(長袖・長ズボン、長靴または運動靴など)、観察用具等(網、カゴ、水筒等)
  • 申し込み:電話で美術館あてにお申し込みください → 0287-92-5514

Posted in えほんの丘フィールド情報, イベント情報, 草原 | No Comments »

9月のえほんの丘

2014.09.14

すっかり秋らしくなってきたえほんの丘。
ここ数日は気温が下がり、夕立もなんどかふったのでキノコがたくさん出ています。
今年、なんども発生しているのがタマゴタケ。
土の中から白いたまごのようなものが出て、
そこから黄色い柄に赤い傘のキノコがひらきます。

20140909タマゴタケ

20140909タマゴタケ

20140909タマゴタケ

雑木林のへりに出ていたのは、カラカサタケ。
おおきなキノコで柄にリングがついています。

20140914karakasa1

20140914karakasa2

20140914karakasa3

草原と桑畑の境あたりの地面には、白いゴルフボールくらいの玉が7〜8個見つかりました。
まだ傘が出て来ませんが、おそらくスッポンタケではないかと予想しています。
草原を散策して、地面に白い玉が落ちていたら、良く観察してみてください。
さわるとブヨッとしています。

20140914suppon1

20140914suppon2

ホールの北側にある栗の根元には、キツネノタイマツというキノコが出ていました。
スッポンタケのなかまで、くきの赤い色が特徴です。

20140914kituneno

20140914kitunenotaimatu

栗の実も木によっては実りはじめています。
根津あかねさんも喜んでいることでしょう。

20140909kuri1

ムササビの巣箱には、木の皮が運び込まれていました。
巣箱の入り口からヒノキの皮のようなものがちょっと飛び出てたれていました。
ムササビも来ているようです。

20140909musasabi1

ノシメトンボもきもちよさそうにとまっています。
すっかり秋らしくなったえほんの丘です。

20140914ehonnooka

20140914nosime

Posted in えほんの丘フィールド情報, 草原 | No Comments »