えほんの丘で夏の虫観察会

2019.07.13


えほんの丘で夏の虫の観察会・参加者募集します。

  • 日時:2019年7月27日(土)午前8時〜10時
  • 場所:いわむらかずお絵本の丘美術館のまわりの里山
  • 参加費:無料(入館料のみ)
  • 定員:3家族
  • 申し込みは、いわむらかずお絵本の丘美術館(TEL:0287-92-5514)

7月も下旬の夏の絵本の丘。
今年は気温の変化がいつもと違い、昆虫たちの発生も例年とはまったくちがう様相です。
雑木林では、クスサンの幼虫が大発生しクリやヤマザクラなどの葉を食べつくしました。
7月にはいると、クワガタの発生より先に、カブトムシのメスが出現。

6月の前半までは、とても暑い日がつづいていたのに、7月に入っても気温が低く曇りや雨の日がつづいていたえほんの丘。
気候の影響が、昆虫たちにも出ているようです。

そんないつもと違うえほんの丘ですが、今年も夏の生きものたちを観察してみましょう。


雨がたくさんふったので、キノコはたくさん出ていますよ。

Posted in えほんの丘フィールド情報, イベント情報 | えほんの丘で夏の虫観察会 はコメントを受け付けていません。

萬鉄五郎記念美術館『いわむらかずお展』はじまりました。

2019.07.06

岩手県花巻市東和町にある『萬鉄五郎記念美術館』で、2019年7月6日(土)より『いわむらかずお展』がスタートしました。

萬鉄五郎記念美術館入口付近にある、おおきな看板。

展示室は1Fと2F、そしてフロアをつなぐスロープにも展示スペースがあります。

1Fには、14ひきのシリーズとタンタンのシリーズの原画などが展示してあります。
スロープの下のスペースは読書コーナー。
手前には、14ひきシリーズをはじめ、かんがえるカエルくんやこりすのシリーズ、トガリ山のぼうけんシリーズなどの海外版の絵本が多数あります。
フランス、ドイツ、台湾、韓国、中国など多くの国で出版された絵本たち。
それぞれ、国によって装丁なども変わります。
ふだんなかなか目にすることのない海外版の絵本。
ぜひ、手にとってごらんください。

スロープの下の奥のスペースには、日本語版の絵本があります。
ゆっくり読んでみてください。

スロープの前半は、えほんの丘の生きものたちを紹介する写真パネルを展示しています。
当館では、開館前から動物学者の今泉吉晴先生にアドバイスをいただいて、樹木の植栽や巣箱の設置などの活動をつづけてきました。
その結果、えほんの丘はムササビやリス、ハクビシン、テンなどなど、多くの生きものたちと出会うことができるフィールドとなりました。
そして、それらの生きものたちが登場する絵本も、えほんの丘から生まれてきたのです。

スロープの後半は、トガリ山のぼうけんシリーズが展示されています。
2Fはキノコのスケッチと、ななつごねずみ、こりすのシリーズ、今野つね、かんがえるカエルくん、陶器などが展示されています。
お近くの方は、ぜひ、この機会にごらんください。

7月21日(日)には、いわむらかずおさんのおはなし会&サイン会も予定されています。
7月6日(土)より、事前の申し込みがスタートしています。
午前中だけで、すでに100名以上の申し込みがあったそうですので、参加ご希望の方は、お早めに『萬鉄五郎記念美術館』あてにお申し込みされることをおすすめいたします。(電話:0198-42-4402:萬鉄五郎記念美術館)

Posted in イベント情報 | No Comments »