池の観察会+池の整備作業、参加者を募集しています!!

2017.06.02

池の観察会+池の整備作業、参加者を募集しています!!

えほんの丘にあるため池では、6月になると産卵をはじめるある生きものがいます。
池の生きものをすくって、どんな生きものたちがどのように暮らしているのか観察してみましょう。

生きものの観察をしたあとは、池の整備作業も行ないます。
池のまわりは湿地帯でかなりぬかるんでいます。
今年の春から、雑木の杭を打って丸太をしき、池のまわりに足場をつくる作業をすすめています。
池のまわりに打ち込んだ杭は、トンボがとまったり産卵場所になったり、あるいは観察の際にも役立ちます。

ノコギリをつかって雑木をきざんで杭をつくり、かけやをつかって打ち込みます。
太い丸太はみんなで運びましょう。

  • 期日:2017年6月18日(日)
  • 時間:10時〜12時
  • 参加費:無料
  • 用意するもの:汚れても良い服装(泥だらけになります)、長靴、網、ノコギリなど
  • 網、ノコギリは美術館でも多少は用意してあります。
  • 申し込み:電話で美術館あてにお申し込みください → 0287-92-5514

Posted in えほんの丘フィールド情報, ため池, イベント情報 | No Comments »

ハチミツ採集のイベント・無事に終了しました

2017.05.30

イベント当日の天気は晴れ。
朝から気温もグングンあがり、ミツバチたちも活発に活動していました。

ミツバチの巣箱から、巣板を取り出しミツバチたちの様子を観察します。

巣の上には、ミツバチたちがたくさんいます。
巣のなかには、キラキラ光るハチミツがためられていました。
オレンジ色や黄色に見えるところには、花粉もはいっています。

巣の上のミツバチたちを刷毛ではらってから、巣板の様子を観察してみました。
子どもたちも、巣を持たせてもらいました。
なかにはハチミツが詰まっているので、ずっしり重いです。

かわるがわる、巣板をもって観察してみました。

巣板のはじっこのほうには、女王バチを育てるためのへやがつくりかけになっています。
ピーナツの殻みたいなちょっとまるっこい形をしています。

巣板のなかほどに、茶色いフタがしてある部分が多いものもありました。
この中では、働き蜂の子が成長中なのだそうです。

観察が終わったら、いよいよハチミツをしぼります。
巣を遠心分離機に入れて、手でグルグルと回します。
甘い花の香りとともに、ハチミツが巣から飛び出してきます。
とてもいい香りがしますよ。

参加者のみなさんが交代でぐるぐるぐるぐると何度もまわしました。
そのあとは、お楽しみの味見です!
今年のハチミツはどんな味かな?

みんなならんで、ちいさなパンにハチミツをつけて味わいました。
今年もおいしいハチミツになりましたよ。

えほんの丘では、エゴの花が満開になりつつあります。
ミツバチたちは、もうしばらくえほんの丘でミツを集めることになりました。
今年はどれくらいのハチミツがとれるでしょうか。
お楽しみに・・・。

Posted in えほんの丘フィールド情報, イベント情報 | No Comments »